他の言語を選択
      

新たな資源関連税の導入が鉱山業界における買収取引を冷え込ませる可能性が懸念されている中、Centennial Coal (ASX:CEY)は木曜日、タイのBanpu Public Company Limited (BAK:BANPU)が同社の戦略的長期権益14.9%を取得したことを発表した。

Centennial株式の10%にあたる3948万株が今朝、1株5豪ドルにて取引されたことを受けて同社株式は25%上昇、同社はこの株式の買手について把握していないとしていた。

今回の発表は、Centennial Coal株式の10%が外国企業により売却されたことを伝えたメディア報道後に行われた。中国のShenhua Groupの存在が、Centennial株の買占めの背景にありJPモルガンがその代理で株式の買収を行ったのではという憶測が飛んでいた。買手側は完全買収となる19.9%の買収に踏み切る承認を得るべく計画しているという説もあった。

Centennial Coalは今回ついにタイの石炭関連企業Banpuが同社株式の買手であることを発表した。

お問合せ先

Satoko Hiasa
TEL: +61-2-8205-7353
EMAIL: satoko.hiasa@abnnewswire.net




関連企業

Centennial Coal Company Limited
      

Banpu Public Company Limited
            


関連業界トピックス:
エネルギー 財政 採鉱

 (48752)