他の言語を選択

Centro Properties Group

  

ニュース

オーストラリア市場レポート 2010年7月29日

🕔7/29/2010 1:30:27 PM 8638

ウォール街での4日連続の上昇が止まったため、今朝のオーストラリアの株式は下落した。航空や電子製品への低調な需要により高額商品に対する注文数が6月に減少したとのニュースを受け、米国の株式は下落した。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 1月6日:上昇基調の続く心理

🕔1/6/2010 9:30:10 AM 12387

エネルギー株が新たに力強い一日を記録したことから、火曜日のオーストラリア市場は上昇を続けた。米国・中国・インドからの上向きな製造業データにより2010年の世界的な回復に対する投資家の信頼感が支えられ、今年の取引初日において世界の各市場では反発が見られた。取引終了時点において、S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は48ポイント・1%上昇し4,924.3 ポイント、 全株価指数は49.7ポイント・1%上昇し4,939.5ポイントとなった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 7月28日:ウォール街での緩やかな上昇

🕔7/28/2009 1:00:02 PM 14758

米国の住宅部門における強い回復兆候を受けて、米国株式は若干高で取引を終えた。商務省は月曜日、新築住宅販売が6月に11%増加したと語った。最近の取引においては業績報告に関するニュースが市場を席巻しており、報告の多くは予測を上回るものとなっている。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 3月6日:中国の経済刺激策は発表されず

🕔3/6/2009 1:00:33 PM 15965

中国政府は経済支援のために支出を増加し、今年の成長目標8%を達成すると中国の温家宝首相が語ったことから、昨日のオーストラリア市場は資源部門に先導され値を上げて取引を終えた。これにより中国の刺激策が資源に対する需要を高めるのではないかとの期待が高まった。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は0.7%・22.1ポイント上昇の3,188.5、全株価指数は0.73%・22.9ポイント上昇の3,148.8ポイントとなった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 2月26日:5年間での最低水準

🕔2/26/2009 1:00:22 PM 18725

オーストラリアの株式は5年間での最低水準で取引を終えた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は0.1%・4.1ポイント下落の3,327.5、全株価指数は0.1%・3.5ポイント下落の3,281.5ポイントとなった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 1月16日:米国の救済策への新たな希望

🕔1/16/2009 1:00:06 PM 13845

ウォール街での下落や国内の厳しい失業率データに先導され、昨日のオーストラリア株式市場は大幅に下落した。世界経済が今年さらに悪化しオーストラリア統計局による失業率の数値が4.4%から4.5%へ上昇したことを受けて、さらに厳しい状況を迎えるものとアナリストたちは予測している。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は157.5ポイント・4.27%下落の3,529.5、全株価指数は147.5ポイント・4.07%下落の3,476.8ポイントであった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 12月17日:米国の金利引下げによる上昇

🕔12/17/2008 1:00:01 PM 9831

連邦準備金制度が金利を0%に迫る記録的な低金利0.25%へ引き下げ、投資家たちを驚かせた後、昨夜の米国株式は5%急上昇した。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 12月16日:米国と一次産品による入り混じった先導

🕔12/16/2008 1:00:38 PM 8919

米国自動車メーカー救済の不確実性と低下した11月の米国工業生産高により、昨夜の米国株式は下落した。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 12月15日:自動車メーカー救済に対する懸念

🕔12/15/2008 1:03:51 PM 20655

米国自動車メーカー救済の可能性に支えられ先週のウォール街は若干上昇し取引を終えたが、ヨーロッパやアジアの市場は金曜日に下落した。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 11月11日:過ぎ去った中国の経済刺激策の効果

🕔11/11/2008 1:00:44 PM 9746

経済や企業の懸念が、中国による4兆元の経済刺激策や、米国による保険会社 AIG の記録的な規模での救済などからの取引開始時における回復分を消し去り、昨夜のウォール街は若干安で取引を終えた。

記事全文を読む
###

96,560 会社概要の閲覧回数

  • 日本語ページ閲覧回数: (過去7日間: 38) (過去30日間: 152) (発行以降: 17520) 

社内データ

    主要部門
  • 不動産 
  • 主要業種
  • 不動産 

ソーシャルメディア