他の言語を選択 13677 12741 12635 11502 
Fosters Group Limited (ASX:FGL)、5億米ドルのアジアの債権シンジケートを承認
Fosters Group Limited (ASX:FGL)、5億米ドルのアジアの債権シンジケートを承認
Melbourne, 2009年7月30日, AEST (ABN Newswire) - Fosters Group Limited (ASX:FGL)の理事会は、最近の企業説明の成功とアジアの銀行の債権市場へ案内を受けたことで、5億米ドルの3年共同デッドファシリティを承認した。

5億米ドルのデッドファシリティには、豪ドル及び米ドルの中・長期海外発行債権とリボルビング・ファシリティが含まれる。当初の3億米ドルファシリティには2倍を越える申し込みがあり、アジアの銀行が見直したことで、5億米ドルに増額となった。

「この反応に大変満足しています。」とチーフ・ファイナンシャル・オフィサーのAngus McKay氏は語った。「豊富なキャッシュフローと優れたブランド・ポートフォリオのおかげで、当社はアジアの銀行から素晴らしいサポートを受けました。」と同氏は語った。

「当社は、既に持ってある多額の未使用のファシリティを保持する一方、今回増額することで当グループのために強く多様性のある中期的な流動性ポジションを保ちます。」とMcKay氏は語った。
このファシリティは通常の企業目的と流動性を保つために使用される。この債権増額のMandated Lead Arrangers and Joint Book-Runnersは、ANZ Bank Group Limited、 Commonwealth Bank of Australia、三菱東京UFJ銀行である。

お問合せ先

Akiko Hayashi
Asia Business News Asia Bureau
TEL: +61-2-8205-7353
EMAIL: akiko.hayashi@abnnewswire.net


関連企業

The Bank of Tokyo-Mitsubishi, Ltd     
Mitsubishi UFJ Financial Group Inc        
Fosters Group Limited        
Commonwealth Bank Of Australia        
Australia and New Zealand Banking Group Limited        

ABN Newswire 日本語ページ閲覧回数:  (過去7日間: 6) (過去30日間: 35) (発行以降: 12741) 

他の言語を選択 13677 12741 12635 11502  (50555)

ソーシャルメディア