Tokyo, 2012年2月3日, AEST (ABN Newswire) - 無駄なサービスを省き、導入し易い魅力的な低価格を実現、期間限定トライアルサービス提供。

グローバルニュース配信サービスでアジア最大手のABN Newswire(本社シドニー CEO ティム マキノン)は、グローバルニュース配信サービスの新サービス体系を発表し、同日発売を開始した。このサービスでは、多言語ニュース配信媒体(ブルームバーグ、ダウジョーンズ、Yahoo等)でのウェブニュース掲載、多言語での世界同時配信を行う。多言語同時配信により、さらに情報開示の公平性が高まります。

多言語翻訳につていはVerztec Consulting Japan株式会社(本社 新宿)と協業して実施いたします。

"日本企業もいよいよ企業の規模にかかわらず本格的にグローバルマーケットを視野にビジネスを展開はじめている現状がありますが、IR、PR情報発信手段としては従来の方法、つまり、個別取材、記者クラブ、メディア取材、PR広告など、国内市場に適した方法の域を脱していません。国土が広い中国や、アメリカ、あるいはEU全域などを対象と考えた場合、既に欧米で一般的になっているビジネスニュース配信の利用は非常に効率的で一般的な手段です。"(CEO ティムマキノン)

"現在、日本でビジネスニュース配信サービスの認知度はあまり高くありません。複雑な製品体系や価格面などが足かせになっていた部分もあると考えております。弊社には最近、IR,PRポータルサイトへの顧客の誘導ツールとしての利用を検討する顧客やベンダーからの問い合わせが増えています。今回ABNがリリースするサービスは、無駄なオプションサービスを省いたシンプルなサービス体系で、費用を最小限に抑える事ができるサービスです。また、期間限定のトライアルサービスで実際の効果をごらん頂きながら導入をご検討いただけるようにいたしました。"(日本担当 ジョン クイン)

配信サービス内容、価格体系について

1.世界配信A (英語及び日本語で配信)
 世界標準言語の英語で、グローバルに配信いたします。IR配信、コーポレートPR配信などに最適です。

2.世界配信B (英語・アラビア語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・中国語(簡体、繁体)・タイ語・韓国語・インドネシア語・ロシア・日本語)

 英語、日本語を含む最大13ヶ国語のプレス原稿を同時にグローバル配信いたします。現地語で の配信により現地メディアでの認知、カバレッジが向上します。IR配信、コーポレート、製品情報配信などあらゆる用途にご利用いただけます。

3.言語選択世界配信C (英語以外の1ヶ国語及び日本語で配信)
 ターゲット言語圏へ限定した配信を希望するPR配信サービスです。経済的に配信する事が可能です。

*配信先リストは弊社ホームページhttp://www.abnnewswire.net/Media_Partners.asp?lang=_jを参照。
*配信と翻訳の特別提供料金については下記の連絡先までいますぐお問い合わせください。
*トライアルサービス期間は、2013年3月迄を予定いたしております。
*本サービス体系は日本国内(日本の顧客向け)のみでの適用となります。

概要 Verztec Consulting

Verztecは、世界中の企業に対し、グローバルなコミュニケーション・メッセージを様々なチャネルを通して60カ国語以上に翻訳・ローカライズする支援を行っています。当社はISO 9001:2008を取得しており、品質管理システムを通して、最高品質のサービスを提供し、お客様に高い満足度を与えられることを保証します。LISA(Localization Industry Standards Association)、GALA(Globalization And Localization Association)、ALC (The Association of Language Companies)、JTF(Japan Translation Federation)の正式会員です。(http://www.verztec.com)


概要 ABN Newswire

ABN Newswireは、2005年に設立され、オーストラリア及びアジア地域の企業のプレスリリースを海外の関係者に対して発表する情報ルートとして、また、地元及び海外のメディアに対して、重要な企業情報を伝える電子的なネットワークを提供します。

ABN Newswireは、現在、英語に加え、新旧中国語、韓国語、日本語で、これらの地域からのプレスリリースを配給する会社として世界的に認められています。

ABN Newswireは、効果的なリアルタイム伝達の為のXMLフォーマットで、企業のプレスリリース情報を世界中の主要なウェッブサイト、データベース、及び専門的な情報ターミナルに配給し発行しています。 (http://www.abnnewswire.net)

 


お問合せ先

本アナウンスの問い合わせ先

ABN Newswire
日本担当: ジョン クイン
電話:+612 8205 7353(日本語可)
Eメール: zhongling.qin@abnnewswire.com
http://www.abnnewswire.net

Verztec Consulting Japan
名前:名取 
Eメール: hidetoshi.natori@verztec.com
http://www.verztec.com


関連企業

ABN Newswire              

ABN Newswire 日本語ページ閲覧回数:  (過去7日間: 18) (過去30日間: 57) (発行以降: 8139) 
ANALYTICS: LOGIN HERE

ABN Newswire NEWS: RECENT VISITS (1690)