他の言語を選択
      


ロンドン証券取引所(LON:LSE)イギリス現金市場は本日、新しい超ローレインテンシトレーディングプラットフォームのMillennium Exchangeに変更した。ロンドン証券取引グループの傘下にある大手トレーディングテクノロジー会社MillenniumITにより開発された Millennium Exchangeは伸縮可能且つ複数資産のトレーディングプラットフォームであり、顧客に素晴らしい技術、超ローレインテンシ及び更なる多くの機能を提供している。

ロンドン証券取引グループCIO(Chief Information Officer)のAntoine Shagoury氏は、「本日、イギリス現金市場が Millennium Exchangeシステムを使用するようになったことは、我々が トレーディング市場の技術革新において絶えず努力してきたことを証明した。我々は、新しいプラットフォームが顧客たちにハイレベルの性能、機能及び容量を提供することができると信じている」。

「我々は同業界の最高サービスを提供するように力を尽くしている。この変更は我々の努力の中で重要な一環になり、市場に緊密につながる技術の導入に関する画期的な出来事である」とコメントした。

Millennium Exchangeに変更されたイギリストレーディングサービスについて下記をご覧下さい:

- SETS(ETFs、ETCsとETNsを含む)
-変更後のSETS(カバードワラント及びその他の仕組み商品を含む)
- SETSqx
- SEAQ
-インターナショナルオーダーブック(IOB)
-ヨーロッパ見積サービス(EQS)
-ヨーロッパトレードレポート
-トレードレポートサービスのみを提供する

概要 ロンドン証券取引グループ

ロンドン証券取引グループ(LON:LSE)(PINK:LNDXF)はヨーロッパの大手トレーディング会社であり、イタリア証券取引所及びロンドン証券取引所が含まれている。 500以上のメンバー組織及び3000以上の会社がこれらの市場で取引を行っている。同グループはヨーロッパ最大、且つ資金の流動性が最強の株市場を運営している。

 

お問合せ先

Alastair Fairbrother
プレスオフィス
TEL: +44-20-7797-1222
newsroom@londonstockexchange.com



関連企業

ロンドン証券取引グループ
       


関連業界トピックス:
財政 構造基盤及びテクノロジー ヨーロッパ金融ニュース

 (51247)