他の言語を選択
     

オーストラリアに基盤を置くアネコ (AnaeCo Limited) (ASX:ANQ) とシンガポールに基盤を置くシンディケイタムサステイナブルリソーシズ (Sindicatum Sustainable Resources) は、アネコが特許を持つ DiCOM(TM) システムのアジアでの展開に向け 50 対 50 のジョイントベンチャー企業を形成した。このシステムは地方自治体の固形廃棄物の有機部分を効率的に処理し、再生可能エネルギーおよび栄養分に富んだ堆肥の生成に向けたバイオガスを生産する。このジョイントベンチャーはインド・中国・東南アジアおよび北東アジアにおいて DiCOM(TM) システムを展開する予定で、廃棄物管理企業・政府団体・インフラ開発業者といった選定された地域開発パートナー企業を対象とする。

インテグラマイニング (Integra Mining Limited) (ASX:IGR) は今日、 Randalls 金プロジェクトの処理施設改修後一ヶ月目の生産量が予測を上回る内容となり、 8 月の生産量は 8,873 オンス、同社は年間 10 万オンスという目標生産速度を達成したと語った。この処理施設は年間 100 万トンへと 25% 改善され、今後数ヶ月かけて更に高いレベルの効率性へと最適化される予定となっている。

クルシブルメタルズ (Krucible Metals Limited) (ASX:KRB) は、クイーンズランド州 Korella リン酸塩・レアアースプロジェクト内の掘削穴 39 ヶ所のうち 15 ヶ所に対する掘削結果を取得した。 JORC 推定資源量は 1 トン当たり Y2O3 ・ 0.96kg での 420 万トンから 1 トン当たり Y2O3 ・ 0.92kg での 605 万トンへと増加、これは含有 Y2O3 における 40% 増に相当する。同社は、 3 - 5 週間中に全ての分析結果を取得した時点で JORC 推定資源量が更に増加するものと見込んでいる。

ZYL リミテッド (ZYL Limited) (ASX:ZYL) は、 Kangwane 無煙炭プロジェクトにおける収益実現可能性調査の中間結果を発表した。露天掘り資源量は南ピットと北ピットにおいて表示資源量 6,079 万トンへと 373% 増加し、大規模な露天掘り石炭生産企業になるという ZYL の戦略が支えられている。 Kangwane 無煙炭プロジェクトでの掘削は完了に近付いており、掘削プログラムの分析が現在進行中、全結果は 10 月下旬の取得予定となっている。

スヴェンライフサイエンシズ (Suven Life Sciences Limited)(BOM:530239) は製品特許 4 件の取得を発表した。うち 3 件はオーストラリア、 1 件はニュージーランドからである。これは神経変性疾患に関連する障害治療に向けたもので、これらの特許は全て 2027 年まで有効となる。これらの新特許を含め、同社は現在オーストラリアから合計 11 件・ニュージーランドから 12 件の特許を取得している。

お問合せ先

Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344
http://www.abnnewswire.net




関連企業

ZYL リミテッド
            

スヴェンライフサイエンシズ
     

クルシブルメタルズ
      

インテグラマイニング
         

アネコ
     


関連業界トピックス:
廃棄物管理 薬剤 コミュニケーション エネルギー 財政 健康 材料 採鉱 オーストラリア経済 希土 石炭 マーケットレポート

 (22191)