他の言語を選択
     

アークマインズ (Ark Mines Limited) (ASX:AHK) は、インドネシアにある Masuparia 契約作業地の所有権および管理を取得する契約を締結した。同地は非常に有望で、銅・金プロジェクトで有名な地域内に位置している。この取得により、同社には 12 ヶ月以内に金を生産する能力そして同地における大規模な資源量確定の機会がもたらされるものと考えられている。 

ペピンニニミネラルズ (PepinNini Minerals Limited) (ASX:PNN) は今日、西オーストラリア州にある同社 Robinson Range 鉄鉱石プロジェクトでの広域掘削プログラムに対する情報を更新した。この掘削プログラムは、鉱脈地 11 ヶ所における潜在的な浅成鉄鉱石資源量を調査すべく設計されている。現在 53 ヶ所の穴が 6 鉱脈地において完成され、 55% Fe を超えるグレードでの赤鉄鉱、赤鉄鉱・針鉄鉱鉄濃縮物の前向きな結果が報告されている。全鉱脈地において掘削が続けられ、さらなる結果取得が見込まれている。

フォージリソーシズ (Forge Resources Limited) (ASX:FRG) は、 West Eucla 鉱物砂プロジェクトにおける 100% 権益を取得するオプション契約を締結した。世界クラスの重鉱物鉱床を有する Eucla Basin に位置する同プロジェクトは、大規模な重鉱物砂を有することが確認された連続的な付与済み探査ライセンス 3 件からなる。この契約により、チタン原料産業において資源量を拡大するというフォージの戦略的な方向性が示されている。

カブラルリソーシズ (Cabral Resources Limited) (ASX:CBS) は、ブラジルにおいて新たな鉄鉱石用地 4 ヶ所を取得した。これらの新用地は既知の赤鉄鉱・磁鉄鉱鉱化地域内の、鉄道路線およびカブラルの既存用地付近に位置している。カブラルは現在、ブラジルの同社ポートフォリオ内に 330km2 超の有望な鉄鉱石用地を保有している。

タタケミカルズ (Tata Chemicals Limited) (BOM:500770) は今日、ガボンファーティライザー (Gabon Fertiliser Company) とエネルギー産業向けプロジェクトマネジメント・エンジニアリング・建設の世界大手であるテクニップ (Technip) (EPA:TEC) が、ガボン共和国において建設予定の年間 130 万トン尿素肥料工場建設計画に対する建設前サービス契約を締結した。ガボンファーティライザーはタタケミカルズとオラムインターナショナル (Olam International Limited) (SIN:O32) のジョイントベンチャー企業である。

お問合せ先

Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344
http://www.abnnewswire.net




関連企業

テクニップ
     

タタケミカルズ
     

ペピンニニミネラルズ
            

オラムインターナショナル
     

フォージリソーシズ
            

カブラルリソーシズ
     

アークマインズ
      


関連業界トピックス:
金属 財政 材料 化学品 採鉱 建築 オーストラリア経済 鉄鉱石 鉱物砂 マーケットレポート

 (26756)